フォニックス学習

何やら黒板に絵が描いてありますねぇ~

子どもが描いた絵ではありません。右横のJim先生です

Jim先生が描いた絵と単語を線で結ぶアクティビティーをしてます

DSC03776-3.jpg

これはフォニックス学習をしている幼児クラスの様子です

フォニックス学習は、難しく言えば「音声学」、
簡単に言えば、「音と文字の関係の規則性」を学ぶことです。

例えば、日本語で「いぬ」と書けば「イヌ」としか読めません。英語では「dog」と書いて「ディー・オー・ジー」と読むのではなく「ドッグ」になります。このように英語には、この文字とこの文字の組み合わせはこのように読む、といった規則性があります。この規則性を学ぶ事をフォニックス学習と言います。英語圏の子ども達は、読み書きを学ぶためにこのフォニックス学習をします。

CANでも、このフォニックス学習を取り入れて、
子どもたちに少しでも自力で英語を読めるように指導しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です