楽しく思いを伝える

わくわく文庫クラスからです

わくわく文庫クラスでは、読書をした後によく感想文を書きます

原稿用紙に書いたり、絵日記風に感想文を書いてもらうこともあります。

しかし、子どもたちの中では、物語に対する思いがたくさん心の中にあるのに、

『原稿用紙』に書くというだけで、感想文の形式に拘ってしまい(=もちろん、悪いことではないです。)、

「何をどうやって書けばいいんだろう…と頭が真っ白になってしまうことがあるようです。

そこで

わくわく文庫クラスでは、楽しく、自分の好きな物語を紹介できるようにポスターを作ってもらっています

自分が好きなものを人に伝える時は、嬉しくなって、言葉や想いが溢れ出てきて話が止まらない!なんてことなりますよね。

きっと好きな物語に出会った時もそのはず。

その想いを閉じ込めたままでは勿体ないです。

原稿用紙に書くものだけが“感想文”ではなくて、色んな方法で“感想”を伝えられる事を知ってもらう事が大切です。

今回はその方法のひとつとして、遊び感覚で描くポスターから、

自分の感想を伝える楽しさを子どもたちにわかってもらえたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です