中学生 英会話クラス 英語だけで

中2女子

小5後半から通い始めた子。シャイタイプ。仲良しのお友達が一緒だったから通い始めた。

新しい環境、新しい人に慣れていくのに時間がかかる。。。というタイプ。

徐々にキャンに通うことに慣れ、クラスメートに慣れ、担当講師に慣れ、、、英語学習も楽しめるようになってきていい感じ~って時に小学校を卒業 ⇒ 春から中学生クラス・・・ということは、「新しいクラス」「新しいクラスメート」「新しい講師」・・・また、未知の世界へいかなければならないというドキドキ「それならばもうやめてしまおう。。。」

彼女は「やめる」という気持ちになっていました。でも、、、、おうちの方も、仲良しのお友達も、担当講師も、私も、み~んなで「最初はドキドキするかもしれないけど」「ぜったい大丈夫だから!」「とにかく1回は来てみよう」と、「今、やめてはいけない!」とはたらきかけました。

中学生クラス、初回の日、来てくれました。ホント嬉しかった。やめない選択をしたこと。

そして、今、中2。

「英語だけで」一生懸命伝えようとする彼女がいます。その姿を見るたび「続けて良かったね~」と感動してます。

中2くらいになると、自分自身の出来事を英語で表現できるようになります。こんなこと言ってみよう! あのこと話してみよう!とチャレンジできます。

チャレンジできる雰囲気づくり、講師やクラスメートとの関係性も大事です。

1ケ月ほど前から毎回のレッスンで What made you smile today?  を聞いています。
直訳すると「今日、何があなたを笑顔にさせた?」という問いかけです。「今日笑顔になったことは?(嬉しかった、楽しかった、面白かった等々いろいろ考えられますよね)」

このクラスは女子3名です。それぞれの個性が現れる返答で毎回、私が楽しんでいます。They make me smile every week!  

中学生、英語学習面では、語彙力、文法力、リスニング力が伸びてきます。そして「表現したいこと」もいっぱい持っている年代です。ただ、ジャッジされない環境が必要ですけどね。

ということは、環境が良ければ、必然的に英語での発話力が伸びる時期なんです。

私たちが考える「英語力を身に着ける」というのは「英語でコミュニケーションがとれる人になる」ということです。

学校の英語学習だけではそうなっていくのは難しいですよね。(学校や地域によっては英語教育が発展している所もあるようですがキャンの地元ではまだまだまだまだまだです)

キャンイングリッシュクラブは英語の「聞く」「話す」「書く」「読む」のスキルを伸ばすのはもちろん、想像力・創造力・思考力・集中力・判断力についても何年も前から意識している英会話教室なんですよ♪

昨今、大学受験が変わるということでどうなる?どうなる?と心配の声も聞こえてきますが、キャンで学んでいたらどんなことになってもあわてることはないでしょう。

キャンを巣立って行った子達は高い英語力を身に着け各地で活躍しています。海外勤務、航空会社勤務、外国人向けガイドツアー等。

また、多くの子たちがワーキングホリデーやホームステイで海外に行っています。

大学合格の報告にくる子たちは口をそろえて「英語が一番できた!おかげで合格できた!」中には「英語は受験勉強しなかったけれど一番できた!」と話してくれた子もいます。

さらには「オーストラリア科学奨学生」(日本で10名)に選出された生徒もいます。関連記事

今、中学生のキャンの生徒たち、数年後先には「英語で困ることないね」と太鼓判を押せるようになるでしょう。

楽しみでなりません☺

(Ayako)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

キャン・イングリッシュ・クラブは京都府舞鶴市にある英語を中心とした学習教室です。英語・英会話、わくわく文庫、小中学生の学習支援、インタラクティブメトロノームを提供しています。思考力、表現力、想像・創造力の向上を目指せる教室です。