小学生読書 わくわく文庫「良質なインプット」

小学生読書クラス(小3)

わくわく文庫(読書クラス)に通う小3男児。

ふだんの流れは「読書」⇒「ひとこと感想」⇒「お絵描き」(その日に描きたいものを描く。読んだ本と何の関連がなくても良いし、お話しに関連することもでももちろん良い)と、いうことを小1から続けています。

感想は一言(ことばカードを選びます)例えば「すごい」・・・それを感想文用紙に書きます。

私:「どの場面でそう思ったの?」と質問

生徒:「本のページをめくり、ココ」と指差し

私:「へぇ~。そうなんだ~。そうだね~」と言いながら、感想文用紙に○○〇〇のところがすごいと思いました。と私が書きます。

その日に描いた絵について、私が感想を言います。「上手だね~」「色がいいね~」「ココはどういうこと?」(と、少し質問することもあります)

言葉を発するのはほぼ私だけです。

この日、本読みが早く終わったのでふと、これどうかな?と思い「ことばをひろげる」という課題をやってもらいました。与えられた名詞にことばを加えます。

「書けたら教えてね~」と私はその場を離れましたが、すぐに用紙を持って来てくれました。

小学生読書クラスことば作り

「うまれたてのねこ」これを見た瞬間、「すごいやん!」と大きな声で言ったので他の子たちが「どうしたん?何?なに?」と駆け寄ってきました。

「たばこをすうおじさん」「しろ馬をたべるライオン」「こわれかけの時計」

それぞれからストーリーが浮かんできます。

口数の少ない子ですが、ちゃんと心には持っていますね。

うれしくてお母様に報告したら「学校の日記でも最近びっくりするような表現を目にします」と!!

評価を気にせず、その子のそのまんまで、自由な発想で表現できる環境。アウトプットする前に良質なインプット。

キャンのわくわく文庫。やっぱりこれでいいんだ!と再認識&大満足した瞬間でした。

『読書感想文』夏休みおすすめ本!小学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

キャン・イングリッシュ・クラブは京都府舞鶴市にある英語を中心とした学習教室です。英語・英会話、わくわく文庫、小中学生の学習支援、インタラクティブメトロノームを提供しています。思考力、表現力、想像・創造力の向上を目指せる教室です。